Mission Family 山口 連絡版    
トップページに戻る

2018.9.20(木)14:00-15:10ライントークメモ
参加者 石田師、津倉兄、田中師、岩間望師、小手川知行・裕美夫妻、高木姉、瀬義明兄、瀬孝宣・真実子夫妻
田中師の祈りを持って開始
1・小手川宣教使夫妻
結婚式を開催できて感謝、会場の山崎製パン年金会館にとっても結婚式や立食披露パーティーは、初めてとのこと
練馬グレースのメンバーが良く準備をしてくださった。式に参加できなかった練馬のメンバーは、
翌日日曜日午後の集うに参加して下さった。(知行)式を通して、未信者の友人でイエス様を感じた人がいた。
父もとても喜んでくれた。引き続き家族の救いのために祈っていきたい。(裕美)
2・望師報告
ミッションファミリー山口で、短期宣教や宣教についてアピールする活動を盛んにしていきたい。
短期宣教地視察団を組織し、牧師先生に宣教地の訪問をしていただく企画をしたい。
次回の宣教村塾は、10/14(日)17:00-秋芳キリスト教会
3・高木姉
山口福音教会の支援者と知行との関係を密にするため、ラインを活用したい。
4・石田師
山口コーチングで岩手コーチングの動画レターを見たが、岩手の教会と山口の教会の関係が密になることを願います。
5・田中師
コーチングセミナーのテーマは、「関係」だったが、夫婦の関係改善から始めていきたい。
妻の提案で、教会員、未信者への手紙を書き終えた。
「宣教維新」発行頑張りたい。
6・真実子師
短期宣教に参加したが、恵みであった。参加したチームのメンバーとその後も連絡を取り合い、祈り合っている。
参加したあかりは、体調を崩したが、サポートして下さった方のために祈っています。
7・瀬
「知行を支える会」は名称を変えたり、体制を変えたりしないと行けないが、
小手川夫妻の希望を聞きながら変えていきたい。
裕美さんを引き続き支える「ペテロの会」の担当者の長尾さんと連絡を取り合っていきたい。
来週東京に、支える会会長の小林師と行くので、津倉さんと今後の支える会について
話し合いたい。
8・津倉兄
各コーチングセミナーは、参加者が絞られてきている状況が見られると同時に、7つの本質が
参加者に浸透し、前進させているのを見ることが出来ます。結果を早急に期待しないで、前進していきたい。
岩手コーチングに参加している釜石新生教会や大船渡教会は、伝統のある教会であるが、
受洗者が与えられ、またそこに至る過程でも、信徒が受洗準備に自立的に関わったり、
主の前進が見られる。OLDは、早くから地元の人が救われ、その人たちが次の世代を導く、良い循環が
見られている。牧師同士の新たなコーチング関係も出来ている。目に見える状況にばらつきがあるにしても、
前進しているので、忍耐を持ってコーチングセミナーの活動を続けていきたい。
石田師の祈りを持って終了
次回のライントークは10/25木14:00-15:00

2018.8.30(木)14:00-15:00ライントークメモ
参加者 田中師、津倉兄、高木姉、瀬知行師、瀬夫妻
1・知行国内宣教師報告
a.OLDから二人のヨッチとかずやくんがバングラディッシュの短期宣教に行き、かずやくんは来年も行きたいと言っている。
ヨッチは、支える奉仕をしたいと。まだまだ、彼らは証をまとめていないので、後で報告します。
マー君は日本で取りなしの祈りをしました。これもまた良い証でした。
b.OLDの事務所は、大船渡市の中心部に移転したので、お祭りの時には出店を出したり、あしなが育英会と協力したり、
ワトトなどは未信者の方と準備したり積極的に行動したい。事務所には必ず誰かを常駐させ、若者の居場所にしたい。
c.知行の自宅は、〒022-0004大船渡市猪川町字轆轤(ろくろ)石6-8で、大船渡市の中心部から車で2,3分、
大船渡高校の近くにあります。高校生とも関われたらと思います。
d.車購入費は与えられました。感謝します。
(90万以上与えられました。超えた分は備品の購入費とさせていただきたいと思います。ご了承下さい:会計)
2・高木姉
受け入れ教会(山口福音教会)として恵みの時でした。
中高生と関わったり、外国人家族と関わったり、普段出来ないことが出来ました。
田中師
短期宣教チームに休息の時を提供するために、泊まっていただいたり、中高生とお交わりをしたり出来た。
婦人会の人たちは、「自分たちはとても短期宣教に行けない。」と話していたが、客観的に見て装ではないと思います。
この時期に、近くのベトナム人などの外国労働者の方からが日本語を教えてほしいと依頼があった。
信徒の方々が、日本にいながらにして海外宣教が出来るねと語り合っていました。
津倉兄
a.短期宣教証会が9/29土に大阪であります。短期宣教に参加された方だけでなく、送り出した教会の方、
受け入れた教会の方、関わった全ての方にお証をしていただきたいと思います。
b.前回もご案内したシューミン牧師のセミナーが10月に、熊本ベテル教会と津田キリスト教会でありますので、ご参加下さい。
c.11/23−25九州で、宣教師と宣教師を送っている教会、関係者の方の集う会を予定しています。場所は未定です。
関係者の方はご参加下さい。
真実子師
短期宣教の準備キャンプで大阪のアウトリーチで中国人の方に語れて感謝でした。

短期宣教メンバーとして妻と二女を送った者の、「裏短期宣教」も恵みの時でした。後ほど報告をまとめます。
望師(文面)
短期宣教受け入れはすごい感謝な時でした。「教会は関係である」を大切にし、教会全体と言うより、
僕となおきが関係を持っている人のミニストリーを助けてもらいました。普段ばりばりやっているとは
言いがたいメンバーが従順に踏み出してくれて、すごい影響を与えてくれました。
山口が宣教県になることにも影響を与えてくれていると思います。
津倉兄の祈りで終了、来月は9.20(木)14:00-15:00



2018.7.12(木)14:00-15:00ライントークメモ
参加者 田中師、津倉兄、岩間望師、瀬知行師、会田姉、瀬夫婦
(小林師は韓国教会の短期宣教中のため、高木姉はチャーチスクール授業中でお休み。)
1・知行国内宣教使報告
a.短期宣教受け入れ 台湾チーム(6人・5教会)を受け入れ、もうすぐ、香港チーム2週間を受け入れる。東北で救われた次世代の若者が、
チームと過ごす時間が多くなっている。短期宣教チームの受け入れも、次世代へと重心を移そうと思っている。
台湾の教会は、独自に短期宣教チームを送り出して3年目になる、今回120名が、12カ国に派遣された。
東北に派遣された方は、何度目かガンが発見され、医師からはすぐに入院して手術を勧められたが、
短期宣教のために祈ってきたので、中途半端に短期宣教をやめないで、
短期宣教を終えてから入院すると言うご主人と奥さんに一同感動した。
短期宣教チームが来たとき、一緒にトラクトを配ったり、アウトリーチに行く。その時気をつけることは、
チームがいる間に、あと2,3回会った方がフォローアップとして良い。
b.j受洗者 受洗した若者の弟が受洗し、お母さんも来られた。若者と関係作りに務め、信頼関係も築け、
本人たちも変わったと言う事で、お母さんからも信頼されてる。
2・田中師報告
a.短期宣教受け入れ、今回8.7−14に短期宣教受け入れをするので、婦人たちのきらきら会で、
受け入れについて楽しく話し合えました。今、秋芳キリスト教会では、教会周辺を楽しく掃除しているので、
その雰囲気をチームと味わいたい。
b.秋芳町で伝道した本間俊平について、秋芳町史では、「教会を建てることが出来なかった」と記されているが、
嘗て、教会学校に行った人とか、その実は確実に残っています。
3・会田姉報告
a.7/20に嘗てしていた賛美集会を再開した.みことば詩篇108が与えられた。
b.以前出場したコンテストを取材したテレビがBS7で、7.14土17:30-18:00に放映されます。
4・岩間望師報告
a.瀬あかり姉が短期宣教でバングラディッシュに行くということで、チャーチスクールの学生たちが、
バングラディッシュについて調べてシェアしたり、みんなで短期宣教に関わっている。
短期宣教は遣わされる人だけでなく、送り人、周辺の人に裾野の広がりが出来る。
b・宣教村塾 7/29日19:00-から大内福音教会で瀬真実子、あかりの短期宣教派遣式をする。
c・短期宣教受け入れ、短期宣教中も、宣教村塾を開きたい。短期宣教をわくわくして待っている若者がいる。
短期宣教チームと教会員とが、お互い影響し合うことを期待している。
5・瀬真実子師報告
a.短期宣教 山口への国内短期宣教チームのサブリーダーとして奉仕します。
また、受け入れ教会とチームの情報交換をしましょう。
b.10年ほど前、KCCC(韓国キャンパスクルセード)関連で、韓国を訪問したS姉妹は、幼かったので、
当時のことは殆ど覚えていないけれど、その後なぜか韓国に引かれ、姉妹とも大学で韓国語を勉強している。
妹は、通っている大学にKCCCの短期宣教チームが派遣され、そのコーリアンナイト行けた。
不思議な恵みを感じる。
6・津倉代表コーディネータの報告
a.西日本水害援助について 今情報を収集中で、近日中にJCMNとしてどのようなことをするかご案内します。
b.シューミン牧師の「御国の拡大のために万人祭司を解き放つワークショップ」 
単元4:霊的賜物を用いての伝道、単元5:御国の弟子育成を10/8祝-11木熊本で、10/15月-18木津田で
開く予定です。(案内書後ほど送付)今回はインターネット配信はありません。
c.クロスローズ 11月に開催の可能性があります。(決まれば案内書後ほど送付)
田中師の祈りを持って終了
次回は8月30日(木)14:00-15:00

2018。6.28(木)14:00-15:00ライントークメモ
参加者 石田師、津倉兄、田中師、岩間望師、瀬知行師、高木姉、会田姉、瀬夫婦
瀬の祈りで始まる。
1・知行国内宣教師報告
a.秋田コーチングの説明会が祝福の内に開催できた。釜石新生教会で最近受洗されたの信者さんも参加。
彼女は、7つの本質の体質を持っており、先生の良き助け手となると思います。
b.OLDでは、弟子が弟子を生む事が始まっており、救われたばかりの人とアウトリーチで
いやしのワークショップをする訓練をした。
そこでは、OLDで開発した、「いやしのワークショップ15分版」を使用。
いやしのワークショップお試し版のようなもので、そこからDBSに行ったり、
本来の2時間版いやしのワークショップにも行けます。
c.練馬グレース・チャペルの横田先生は、知行の婚約者小手川裕美さんを
教会の今後の働きとして支援したいというご意向。「瀬知行を支える会」との関係を話し合う必要がある。
d.新居が与えられた。8月入居予定、正式な契約は結んでいないのでお祈り下さい。
2・瀬あかり姉の短期宣教について、
a.宣教村塾で送る会をしたい。大内福音教会で派遣式をする予定。期日未定。
b.短期宣教報告会をしたいので、希望教会を募ります。(南陽、山口福音は決定)期日未定
c.JCMNとしては、瀬あかりの派遣式、送る会、報告会の記録がほしい。動画、写真など
3・田中師の報告
秋芳キリスト教会の礼拝で、ゴスペルシンガー・マナの奏楽による礼拝をし好評だった。
マナさんは、会田さんからいやしのワークショップを受け、
熊本でのシューミン牧師のいやしのワークショップをうけた。
今回リリースしたCD「Give to you ALL」は、そのいやしのワークショップそのものです。
CDを聞きながら解放される。問い合わせ、出演依頼は
koaramusicplus@gmail.com マナさんは小倉在住で、秋芳キリスト教会や会田姉に
連絡されてもOK。
4・岩間望師報告
a.岩国、山口福音、宇部神召合同の若者集会を続けている。その流れで、
岩国で7/27-29とユースキャンプをします。今後は合同で、宣教をしたい。
b.JCMN国内短期宣教チームを山口で迎えます。その働きを山口県内でしたい。
5・会田姉報告
全国コンテストで入賞は逃したが、神様の美しさとは何かを体現した思いだった。
石田師の祈りを持って終了。
次回のライントークは7.12(木)14:00-15:00です。


i


2018.5.24(木)ライントークメモ
参加者 石田師、田中師、岩間望師、瀬知行国内宣教師、瀬夫婦
石田師の祈りを持って始まる
1・知行国内宣教師の報告
a.青森コーチング・セミナー 第二期第1回目「関係」が青森市で始まる。新しい牧師先生も参加し、
弘前西教会からも5人の信徒が参加、「いやしのワークショップ」で家族関係の回復の証が出る。
.秋田コーチングも6/11から始まり、弘前西教会の信徒も行く予定、秋田県の教会で
関心を示している教会がある。説明会なのに盛り上がっている。
岩手コーチングも続けられ、岩手県の地域ごとに集まることも考えている。
b.NPOとOLDの事務所が与えられ感謝。大船渡市盛駅近く。隣は、NPO「絵本の読み聞かせ」の
事務所があり、協力して活動していきたい。
c.昨年末に受洗した青年の弟が信仰告白して感謝。
d.5/13日に岡山中央キリスト教会の礼拝メッセージの御用が出来た。
大船渡市内に、新居が与えられるように祈ってほしい。
2・望師の報告
a.5/20日に小郡めぐみキリスト教会を会場に宣教村塾を開いた。
小郡から初めて参加した少年が外向きの話合いをとても喜んでくれた。
b.JCMN短期宣教に瀬あかりが参加する。送る会、報告会などを開き、
海外宣教に興味を持つ若者を掘り起こしたい。
c.月一回プレやーをーキングを始めた。
3・石田師の報告
a.望師に南陽教会へ来ていただいてクロスローズを始める。
b.いやしのワークショップを動画を用いて継続している。
c.カウンセリングセミナーを始めた。
4・田中師の報告
a.5/27日に秋芳キリスト教会と大内福音教会の講壇交換をする。
b.祈祷会を自己発見方聖書の学びで始めた。
.5・真実子師の報告
問題を抱えた高校生と大内で田中師と出会えたらと期待している。
田中師の祈りを持って終了
次回のライントークは6/28木14:00-15:00です。

2018.4.26(木)ライントークメモ
参加者 小林師、石田師、田中師、津倉兄、岩間望師、知行宣教師、高木師、相田姉、瀬夫婦
小林師の祈りを持って始まる
1・知行宣教師の報告
a・4/22の婚約式後の茶話会は7つの本質の関係から思いつきました。長く関わっているメビックの子とも
親交を温めることができた。七つの本質は、教会・宣教に重要だと確信している。
b・婚約者の裕美姉(ヒータン)が3月にMTCを卒業した。MTCで学ぶ「15の弟子の資質」は内容を公開している。
c・3月のリトリートで自分の4つの柱を確認した。@神に従うA家族を愛するB次世代を育てるC心も体も健康
d・YDS(3/24-26滋賀県)では、マイケルとトーマスの母教会のキットマン牧師が講師ですばらしかった。
e・宣教基金を集める働きは、宣教報告をする働きともなります
2・瀬牧師の報告
6/18月〜20水に広島YMCAで開かれる西日本宣教セミナーの山口県連合宣教の集いの紹介コーナーで
セルコーチングのことを紹介したいと思っています。松江セルコーチング6/8,9開催
3・望師の報告
津田キリスト教会で開かれたJCMN.CCMNの集いで紹介された7つの価値観(@外向きのネットワーク
A「とにかくする」(行動)ネットワークB「教会主体」ネットワークC「普通の教会」のネットワーク
D「普通の人たちからベストを引き出す」ネットワークE最後まで共に歩む」ネットワーク
F「見伝の人々」と「社会の縁に追いやられている人々」のネットワーク)は
まさに宣教村塾が目指しているものだと確認した。次回宣教村塾は、5/20日16:00-小郡めぐみキリスト教会で開きます。
4・田中師の報告
「宣教維新」三号は原稿待ち状態です。4月には瀬牧師の説教が、5月には岩間牧師説教、玉井姉、古野姉の証がある。、
5・会田姉の報告
YDSは下働きであったが、ペアのなっちゃんと良い交わりができた。今後のことについて主の示唆を受けています。
6・幸子姉の報告
山口聖会では、オジサン・カフェが出店し、チャーチ・スクールから短期宣教にい行く子の宣教基金を作ります。
7・津倉コーディネーターより
a・今年の短期宣教の国内宣教地(8/7-14)は山口でできないでしょうか?山口を拠点にしたい(望師)
b・6月にアメリカの恩師の元に、夫婦で3週間訪ねます。
石田師の祈りを持って終わる
次回のライントークは、5/24木14:00-です



2018年3月15日(木)ライントークメモ
参加者 小林師、石田師、田中師、津倉兄、岩間望師、知行宣教師、高木姉、会田姉、瀬夫婦
1.知行宣教師の報告
a.岩手コーチングは3月にシーズン2が終わり、6月からシーズン3に入る。すばらしいコーチングとなっています。
詳しくは4月のコーディネーターの話合い出決める。6月11日(月)12日(火)に、第一回秋田コーチングセミナー予定、
知行国内宣教師はその建て上げのサポートをする。5月21日(月)22日(火)シーズン2第一回青森コーチングが始まる。
b・喫茶ルーム兼、NPO、OLDの事務所であるエクレシアをこの春閉じます。新しい、事務所を探しています。お祈り下さい。
c・釜石こども園の保育士さんへのクロスロード、フォローアップは3月で終わります。
d・3月11日に震災7周年を迎えたが、記念日が近づくと心が沈む現象が被災地にはあります。陸前高田市は、
まだ、住宅地の盛り土が終わっておらず、2019建てるという人もおり、仮設はまだ残っていた。
e.アウトリーチ→DBS→いやしの祈りで女高生が救われました。OLDは彼女の家族と家族ぐるみで関係を持っています。
DBSリーダーにするで、平安の子をリーダーに育てています。
f.シューミン牧師の「御国の拡大のために万人祭司を解き放つ」ワークショップの単元4「霊的賜物を用いての伝道」に参加し、
OLDの弟子に、「伝道の賜物」があると教えてあげると、納得し、伝道している。聖霊の賜物を知ると生き生きとする。
いやしのワークショップには、青森コーチングの弘前西教会からと、秋田コーチングの方が参加し、燃えている。
g.2,3週間前に短期宣教をした台湾チームがOLDがしているDBSを持ち帰り、大変燃えている。
(南陽教会の中高生会の分級、秋芳キリスト教会でも、DBSが用いられている。)
h.6年間、16万キロ走っている軽自動車が買い換えの時期に入っています。必要が与えられるようお祈り下さい。
i.知行国内宣教師は古手川裕美さんと4月22日(日)13:00、山口福音教会滝町会堂、岩間牧師の司式で婚約式をします。
14:00から茶話会、交わり会をいたします。古手川姉は現在OLDのMTCで学んでいます。
j.OLDが若者にフォーカスするのは、他の世代を重要視しないことではありません。若者を導くには、若者へのフォーカスが必要です。
2・石田師のはなし
南陽教会の中高生会分級でDBSをしている。ほとんど「受け狙い」である。が喜んで取り組んでいる。
母教会も聖書の学びをすることによって、近隣の諸教会から参加する人があり、普段は1時間の学びを無制限にしたことがある。
3.岩間望師報告
a・佐賀への短期宣教の準備をしている。宣教村塾で、佐賀チームと話すことを検討する。
4・会田姉の証し
癒やしのワークショップを母教会に所属する幼なじみに実践し、いやされ、解放され成長している。これらのことは3月の
山口コーチングで証しさせていただいた。
5.高木姉
国内にモスレムの人が存在し、それらの方々と関係ができている状況があります。また、報告します。
6・津倉コーディネータからのお知らせ
2018年8月のJCMN短期宣教の募集をします。5/27締め切り
4/18水,19木に「教会主体の宣教ムーブメントを語り合う会」を津田キリスト教会で開きます。
北海道では、5番目になる函館コーチングが始まり、九州はコーチングを増殖しようとしています。
額田先生が松江の牧師と関係を持ち、島根コーチングが生まれようとしています。その時には、山口コーチングの先生方に
サポートしていただきたいと思います。このようなムーブメントを通しJCMNから長期宣教師が使わされることを夢見ています。
小林師の祈りを持って終了
司会のライントークは4月26日(木)14:30−15:00を予定。

10月1日(日)17:00-18:30 第三回宣教村塾メモ
参加者 小林師、田中師、岩間望師、味舌姉、高木姉、大田直輝兄、大田歩実姉、女の子、瀬
田中師のレクチャー、小さな一歩から、一人の姉妹に証しをするために10/15大内の礼拝に来ていただくことにしました。
その後のことはまたご報告します。
実際に、福音宣教を学ぶグループゲームをし、質問の時をもちました。

9月27日(水)12:30-13:15 セルコーチングの昼休みの話し合いメモ
参加者 小林師、岩間師、岩間宣恵師、岩間望師、岩間愛実師、田中師、西村公子師、広川師、前師、高木姉、大本姉
西村信子姉、岩間結美姉、大田直輝兄、瀬夫婦、
1・宣教村塾について
a.その意味 一人一人に宣教の心を植え付ける
b.その内容 STMの案内、瀬知行の証し、長期宣教師を支える組織作り、情報交換
c.その活動 県内STMのトレーニングの場、アウトリーチ(ギデオン聖書配布も含む)
d.県内STMに向けて 県内STM申し込み書作り、派遣者リスト作成、ガイドライン作り(担当者未定)
e.県内STMについて自由な提案 信徒交換(=県内の他の教会礼拝で証し、賛美をする。牧師の講壇交換のような)
webに派遣者リストを載せ、別な教会がそのリストを見て、派遣者を希望する。その際、しっかりとした窓口は設定する。
11月7,8日載せるコーチングまでに派遣者リストを各教会が作っては。
2・宣教維新 紙面で情報を流す 

 9月21日(木)14:45−16:15 ライントークメモ
参加者 小林師・石田師・田中師・津倉兄・岩間望師・知行国内宣教師・高木姉・瀬
小林師の祈り
1・秋芳キリスト教会報告
ある姉妹は、料理の賜物を用いて、自宅でこども食堂or地域食堂を開くビジョンが与えられている。
もう一人の姉妹は、「いやしのワークショップ」の後、その証しを職場でしている。
2・岩間望師の報告
8月末に岡山でYDSの中学生から大学生を中心にした{チャコールキャンプが開かれ」山口福音、秋芳、大内
赤磐、津田、四国中央、岡山ニューライフから32名が集い祝された。スタッフが県をまたいでいて、ライントークで
会議するも建てあげがたいへんであった。11月には、県内の若者の賛美集会を山口福音教会で計画している。(1回目は
宇部神召でひらいた。)ゆうき君とシェアハウスをしている。知行とLTGをしている。高松の牧師先生と話し
休暇を取った。
3・瀬知行の報告
a.北海道のSTMで関わった中学生7人が、さらに仲間を教会に連れてきて、20人くらいになっている。2人の高校生も
彼らに誘われた。高校生は公園でウィーリーをしていたので誘った?とのこと。牧師先生の葛藤も聞き、
そのフォローアップの必要も感じた。
b.OLDはSTM(短期宣教)をする前に、バザーをし、近所の人にアピールし、STM後の8/27にSTMの報告会である
ミッションナイトをして、30人ぐらい集まった。半分は未信者だったが、興味を持って聞いてくれた。
OLD日頃の活動として、ショッピングモールのフードコートなどに行き、アウトリーチをし、そこで知り合った
若者とOLD全体で取り組んでいるDBS(発見型聖書の学び)を数カ所で始めている。
未信者にもDBSのリーダーになってもらう。参加者の都合が悪いときは、スタッフがその人のところに出向く。
「平安の子(心が開かれ、飢え乾きがあり、シェアできる人)、Lk10」のところにこちらからで向くという考え。
シーマ・ステートメント(証しや福音を一文でシェアする)でアウトリーチをする。
「いやしのワークショップ」に出たメンバーとOLDでキャンプし、メンバーが外向きになった。
ここ、1、2年の間に洗礼を受けた若者は外向きになっている。(津倉コーディネーター)OLDのここ2ヶ月の変化に
注目しているとのことでした。OLDは3歩進んで下がらないと言う前向きな雰囲気になっている。
Kくんは、社会復帰を目標に市内の図書館再会のアルバイトをやり遂げた。
今は、引きこもりのメンターを目指し、現実にその働きに関わっている。
4・南陽教会の報告
DVDなどを使って「癒やしのワークショップ」の会を開いている。一人の若者が他教会の二人の若者と
毎晩午後11時から聖書を学んでいる。
6・津倉さんより報告
2018年11月に3年ぶりのJCMNサミットを開く予定。
2018.1.22−25名古屋で「癒やしのワークショップ」の「聖霊の賜物を通して御国の弟子を作る」
セッションをする。インターネットシステムで、同時に山口でも開けないか検討する。
9/30土に御影福音教会でSTMフォローアップ集会をする。
7・その他
a.宣教村塾を10/1日17:00−大内福音教会で開く。県内短期宣教が具体的に実現できる筋道を作りたい。
b.次回ライントークは10/26木14:30-
石田師の祈り

8月24日(木)14:00−15:00 ライントークメモ
1・知行国内宣教師報告
a.8月上旬に、北海道へSTM(短期宣教)に行った。18,19才の専門学生が導かれるように祈ってほしい。
もう一つのアウトリーチ。公園の10人の子供のうち、7人と接触できた。その子たちが新しい子を
教会につれてきて牧師先生と交わりができて良かった。
STMに参加する人は成長する。遣わす教会と受け入れる教会が協力して実を結ぶ。
STMの恵みを参加者が所属する教会に証しすることの恵み。終わったときが始まるとき。
受け入れ教会がSTMメンバーの仲の良さに驚いていた。
熊本ベテル教会の牧師先生は、STMに教会がつかわすこと2ヶ月前から祈っていた。
b.STM後、北海道セルコーチングに出席、山口、岩手の証しをした。日本イエスの牧師がおられた。
2・秋芳キリスト教会報告
二人の姉妹が集会を始め、地域食堂を始めるビジョン 
3・宣教村塾は10/1日17:00-大内福音教会で開く。
4・次回ライントークは9/21木14:45-16:45(変更しました。)

7月2日(日)16:00−18:00 於いて大内福音教会 宣教村塾メモ
1・津田教会の南タイに行った短期宣教チームとLine
津田教会は、チャーチスクールの子供たち、教師、求道者の方が南タイの宣教師のところに、
そこで救われた日本人の方のメイキングで短期宣教に遣わした。子供の保護者の方にはよく説明をされ、
連れて行かれたことはすごい。子供の中には、モスリムの人たちへの否定的イメージをもっていた子もいたが、
モスリムの人たちも普通の人であったと認識した。皆、国の価値観、文化の違いに戸惑ったが、
そこに順応することを学んだそうです。収入はわずかでも、子供たちの殆どがスマホをもっているという
現代のゆがみのような現実がタイにもあるとのこと。タイでもドラえもんが人気がだ、オリジナルと
似ても似つかないものになっていることが笑えた。
2・グループに分かれて分かち合い。
3・萩で開拓伝道をしている神代姉の話。開拓伝道をすると、萩の人から「またすぐやめるでしょ。」と
冷めた目で見られるので、継続することが大事だと思っている。唯一の年配の求道者が転倒し、
入院し、神代兄は毎週訪問している。クリスマス会はできたが、イースター会は理解が得られず、できなかった。
まだ、萩全戸のトラクト配布はしていないので、短期宣教の方に其れを手伝ってもらおうかと話している。
日本キリスト教団萩教会の牧師先生が新しく赴任されたその先生と良い交わりができているのでうれしい。
田中牧師と神代兄と今後の協力については継続して話し合う。
4・全体の話し合い。「短期宣教は、遣わされる人が変えられ、派遣先の教会が変えられ、
派遣元の教会が変えられることが目的、短期宣教はそういう高い意識をもって進めていきたい。(望伝道師)

6月22日(木)14:30-15:30(Linetalkメモ)
参加者 田中牧師、津倉兄、岩間望伝道師、瀬知行国内宣教師、瀬夫妻
1・知行国内宣教師報告
a.MTC1学期終わる
b.OLDのビジョン=次世代にリーダーを任せる ガムチャイ、エディ宣教師→知行、ケンくん、安藤さん
(知行には、提案の内容をすでに決まったかのように言うコミュニケーションの癖があることを発見)
c.NPO HPupしています。
地元の高校生がボランティアに加わり、働きが広がっている。
エクレシアの土地契約あと1年半、今後のビジョンにつて祈っている
d.アライブ(中高生会)父兄とともにソフトテニス大会の応援をする。
e.会計が満たされ感謝です。(支える会会計より)
f.東北10年宣教後のビジョンについて祈っている
g.未信者新婚夫婦と聖書のマルタマリアのところを学ぶ。
未信者の方の感想、「聖書は身近な事柄を扱っている。」
2・宣教村塾7/2(日)午後、大内福音教会
a.宣教の可能性を伺う@萩・神代夫妻←真実子A秋芳←田中牧師B大内←瀬夫妻C宇部神召←望師
b.南タイに短期宣教している津田教会チームとスカイプをしたい。
3・コーチング
青森9/25,26、中国(山口)9/26,27
望師の祈りで終了 次回Linetalkは8月3日(木)14:30−


5月11日(木)14:30-15:30(Linetalk メモ)
参加者 小林牧師、石田牧師、田中牧師、津倉兄、瀬国内宣教師、岩間望伝道師、ゆりえ姉、瀬夫婦
1・知行国内宣教師報告
a.MTCが4月から始まる。生徒は安藤兄、古手川姉。各方面より豪華な講師陣。
b.大船渡ショッピングモールでNPOWithYouGlobalの展示会を開く。4/29,30
絵本を読むNPO法人の理事長と出会い、今後の協力関係を話し合うことができる。5/11
c.大内福音教会の礼拝メッセージの奉仕をSkypeでできた。好評だった。
大内福音教会には、CCMN宣教チームの最もよいプロジェクターが贈られる
d.釜石の幼稚園でのクロスローズの奉仕まもなく終了。新しい関係を築きたい。
e.アライブ(大船渡市の中高生会。エクレシアで日曜日の午後、クロスローズ「学びのゾーン}の分かち合いを中心に続ける。
f.OLDのホームページ完成間近。
g.カズヤくん陸前高田市の図書館の整理のアルバイトにつく。応募の動機を面接で聞かれ「社会復帰」と答える
2・岩間望伝道師活動報告
a.5/6土夜宇部神召教会で若者の賛美集会を開く。キングスチャペル岩国の若者の集いの流れで
b.宣教村塾4/15土山口福音教会滝町会堂で開き、
OLDのメンバーとSkypeをする。そして、参加者とビジョンを分かち合う。
知行を支える会の新聞の発送業務もしていただきました。
c.YDS中四国版を7月に山口方面で開く予定。
d.OLDが岩間望伝道師の活動のために献金をした。
3・津倉コーディネーターより短期戦教について
、北海道、ヨルダン、南タイ、バングラディッシュの四箇所で申し込みは5月末まで、ヨルダンは空席あとひとり。
DYIとして各協会で短期宣教をマネージメントもできます。
4・ゆりえ姉の報告
a.異宗教のブロガーの影響を受けている女性と交流を持っている。
b.時々帰山している。オーストラリア、アフリカ宣教体験の証できます。
c.プチ同窓会を津倉夫妻、望む伝道師とした。
5・柳谷牧師について
6月6日(火)7日(水)と山口コーチングに出席され、6月4日(日)の礼拝は大内福音教会で御用をされます。

小林牧師の祈りで終了 次回Linetalkは、6月22日(木)14:30-


4月6日(木)14:30-16:00(Line Talk)のメモ
参加者 小林牧師、柳谷牧師、石田牧師、田中牧師、津倉兄、瀬知行国内宣教師、岩間望伝道師、高木姉、瀬夫妻
1・柳谷牧師(釜石新生教会)の挨拶。
昨年開いた「おかえなさい 被災ピアノ復活の歌」コンサートは、各方面に広がりを見せる伝道ができた。
楽譜は、HPから自由にダウンロードできます。
2・知行国内宣教師の報告
a・青森のセルコーチングには日本基督教団弘前西教会を会場に開いた。信徒の参加者が多かった。
教会7つの本質がすぐに実践できるような教会である。秋田コーチングもしたい。
b・YDS(Youth DiscipleSeminar)を大阪で開いた。山口県から多くの参加者があり、南陽教会のT兄も燃えていた。
(南陽教会石田牧師、彼にはチャレンジしている)山口福音教会の若者は、雰囲気を盛り上げることに貢献していた。
大内の参加者は認罪の恵みを受けた、素晴らしい(真実子師)
c・陸前高田市に引っ越し、3人で、シェアハウスしている。OLDの集会室としても使っている。
新住所 〒029-2206陸前高田市米崎脇の沢87-1
d・支える会の繰越金が減っている。→支える会通信に、小林会長、柳谷牧師に一文を書いていただく。
4月15日(土)宣教村塾後「 神のおかげっこ新聞の発送業務をする。その時、宣教維新2号も同封
知行宣教師の活動交通費をOLDにも負担していただくことをOLDのリーダーとも協議する。
3・岩間望伝道師の活動報告。
YDS参加、4/2日、岩国の教会の夕拝(10−20代の若者対象)の御用。5/6賛美集会をする。
活動を何らかの形で報告する。支援の輪を広めるためにも。
4・宣教維新2号 4/9発行予定。河野ゆりさんも参加。
5・宣教村塾 4/15土18:30-山口福音教会滝町会堂で開催。短期宣教参加へのアッピール(締め切りは5月末)
知行、Skypeで参加。知行支援、望師活動報告。宣教維新2月号も配る
6・柳谷牧師来山。
6月3日(土)〜8日(木)。中国セルコーチング6月6日(火)13:00−7日(水)17:00のレクチャーの一つを担当していただく。
6/4日日曜礼拝のご奉仕、交通費については協議する
7・次回Line Talkは5/11木14:30-16:00
石田牧師の祈祷で終了
(2・dの4/14発送業務については、4/15宣教村塾後発送業務と変更しました。2017.4.6 23:52)

2月16日(木)14:30-16:00話したことのメモ
参加者 小林牧師、石田牧師、田中牧師、津倉夫妻、瀬知行国内宣教師、岩間望伝道師、高木姉、ゆりえ姉、瀬夫妻
1・知行国内宣教師の報告 山口での報告活動して反省したこと、自分自身の健康管理。2/26に釜石新生教会で御用をする。
MFYの声。自分の判断で休みの日、休みの方法を決めると良い。健康診断もやった方が良い。
補足
次回から山口で宣教報告をするときは、できるだけ、事前に予定を立てること。(MFYメンバーも一緒に考える)
週に一日は休みをもうけること。スケジュールを詰めすぎないようにMFYとしても配慮すること


2・岩間望師の報告 キングスチャペル岩国の中高生との交わりを3月末にし、5/6土に集会を開く予定。
宇部神召教会の中高生とも交わりをする予定。山口版YDSを開きたい。
自宅で若者と寝泊まりして訓練したい。車がないことが不便。
*(必要は与えられているとのことだがうどんとネギ、ご飯と納豆だけの生活をしているようで祈りが必要。)
3・MFY主催の集会について 
日時について 4月14日(金)夜、21日(金)夜、22日(土)16:00−を候補とする
内容 短期宣教に行った人の証、案内と勧め
宣教の情熱を話し合う
宣伝 チラシを作り、短期宣教経験者には個人的に渡す。HPに載せる
4.次回LINEtalk 4月6日(木)14:30-
小林牧師の祈りを持って終了i


1月19日(木)14:30-16:00に話したことのメモ
小林牧師祈祷。進行瀬
1・山口での瀬知行国内宣教師の活動報告、6教会に報告の奉仕をした。MFYメンバーの意識的な同伴はなかった。
今後は、知行宣教師と共に、MFYのメンバーが同行し、MFYの活動の紹介もすべきである。来年で良いが、山口県での活動で知行専用の車が必要。
2・岩間望伝道師の事に関して、岩間望師の活動は、必要な活動であり、セルコーチングの目的にも合致する、
MFYとしても望師の活動をサポートしてはどうか?話し合いに、岩間剛師にも加わっていただいたが、具体的なサポートのためには
課題が山積していることがわかった。とにかく、望市の活動をよく紹介し、また用いることが慣用。
とりあえず、望師がニュースレターを作り、瀬がホームページを作る事とした。
3・次月のLINEtalkを2月16日(木)14:30とし石田師の祈りを持って終了

お世話になります。
12月5日(月)15:30-17:00 に話したことのメモと
今後の途中経過です。

次回のLINEtalkは、2017年1月19日(木)14:30−15:30です。おもな内容機関誌「宣教維新」について
「宣教維新」編集委員は、田中師、真実子師、高木姉です。原稿、写真、ご協力お願いします。
山口コーチング(2017.2.7,8)に配布できるように編集します。そのためにも、次回のLINEtalkはあります。
知行は、2017年1月6日(金)から23日(月)まで帰山します。
訪問教会の交渉を瀬がします。BK学園、熊毛キリスト、周東めぐみ、秋芳キリスト、山口、新下関、石田家集会、金曜会
ほかにも候補の教会がありましたらご紹介下さい。
BK学園については、力丸先生が、学園の宗教主事に明日聞いてみようとのことでした。
K市の先生に山口コーチングと観光に来ていただきたいと思います。そのことは知行が訪ねてみます。
知行は岩手の保育園とつながりができ、園児や保育士さんに話ができる可能性ができました。

知行宣教師の1月の山口日程

帰山
10 11 12 13 14
大内福音教会礼拝11:00
熊毛キリスト教会礼拝14:30
新年聖会証し10:00
南陽教会
秋芳キリスト教会
11:45-
金曜会
19:30-21:00
15 16 17 18 19 20 21
山口福音教会9:40-12:00
プレイズチャペル14:00-16:00
山口県牧師会13:30-16:00
小郡めぐみ教会
石田家集会
14:00-17:00
知行LINETalk
14:30-15:30
22 23
新下関教会礼拝10:40
佐賀へ
岩手へ